Home > クリエイティブなエンジニアスタイル5カ条 > 目次

オピニオン オピニオンアーカイブ

クリエイティブなエンジニアスタイル5カ条

クリエイティブなエンジニアスタイルとはどうあるべきなのか、ここでそのイメージについてみなさんと共有するために、ここにクリエイティブなエンジニアスタイル5カ条を定義する。しかし、開発プロセス同様に、定義した日からこの定義は改善されるので、1か月後には進化しているかもしれない(笑)。

第5条:常にスタイリッシュでカッコよく生きるべし

要求開発とは、ビジネスを「見える化」し、IT化すべき箇所をできるだけ早く定め、そこに必要とされる要求を決めていく活動ことである。要求開発はビジネス開発と言っても過言ではない。クリエイティブなエンジニアスタイルとして、なぜ要求開発まで踏み込むべきなのか説明しよう。
2009/07/07

この記事を読む

第4条:要求開発まで踏み込むべし

要求開発とは、ビジネスを「見える化」し、IT化すべき箇所をできるだけ早く定め、そこに必要とされる要求を決めていく活動ことである。要求開発はビジネス開発と言っても過言ではない。クリエイティブなエンジニアスタイルとして、なぜ要求開発まで踏み込むべきなのか説明しよう。
2009/04/22

この記事を読む

第3条:プロジェクト内で常にサービス精神を発揮するべし

今回は第3条「プロジェクト内で常にサービス精神を発揮するべし」を説明する。クリエイティブな仕事をチームで行うには、プロジェクトチームのモチベーションを盛り上がらせることが重要なのである。
2009/02/24

この記事を読む

第2条:モデリングは走りながら実践の中で身につけるべし

前回は第1条「納得感のある開発手法を身につけるべし」について書いた。今回は第2条「モデリングは走りながら実践の中で身につけるべし」を説明する。まず、モデルとはいったいどのようなもので、何のために行うのか説明しよう。
2009/01/13

この記事を読む

第1条: 納得感のある開発手法を身につけるべし

そもそもITエンジニアは、現代の匠になるべき。しかし、残念ながら現在のソフトウェア開発は多くの人が過去の職人気質を捨て去り、サラリーマン化しすぎてしまい、ビジネスの価値を高める最適なソフトウェア開発の姿を自ら描くことをしていない。
2008/11/17

この記事を読む