Home > SOA実践の最前線 > 目次

特集記事 特集記事アーカイブ

SOA実践の最前線

こんにちは、豆蔵でSOAを主担当としている岩崎です。 今回から「SOA実践の最前線」と題して、外部サイトや雑誌記事で筆者が連載している内容とは異なった、「現場の生の声」をお届けしたいと思います。 お仕事の都合上なかなか書きにくい内容も多々あり、霧霞んだ箇所も多々あるかと思いますが、そこも含めて「生の声」という事でひとつお目こぼしを頂きたいと考えております。

第5回:クラウド時代のトランザクション

今回は、サービス指向の一環として、クラウドコンピューティング(以下クラウド)などでトランザクションの形態が果たして変わるのだろうか? という話をひとつ致します。
2009/07/07

この記事を読む

第4回:SOAは死んだ!?

「SOAは死んだ」という話題が面白かったので、その話をひとつ致します。仕事柄、雑誌連載の打ち合わせやインタビュー(という名の編集協力)で編集者さんと会話する事が多いのですが、とある編集さんと話しているときの事です。「この間"SOA is dead."というBlogの記事が出て話題になってたんですよ。岩崎さん知りませんか?」「いや、知らないんですが・・・それ何ですか?」
2009/04/22

この記事を読む

第3回:サービス指向と分散トランザクション

今回はサービス指向とトランザクションとの関係について、「重要です」という話をひとつ致します。ここで言うトランザクションとは、生な「取引」という意味ではなく、情報(データ)に対する操作においてのACIDトランザクションの話になります。
2009/02/24

この記事を読む

第2回:コスト削減の為のSOAという手段

よく考えてみれば分かることですが、SOAは単なる手段です。何かを成すための手段でしかありません。では、何を成すつもりなのか? それが今回のお題です。
2009/01/13

この記事を読む

第1回:「SOA」は本当か?

今回から「SOA実践の最前線」と題して、外部サイトや雑誌記事で筆者が連載している内容とは異なった、「現場の生の声」をお届けしたいと思います。 今回のお題は『「SOA」は本当か?』という事です。 去年まで、お客様の先でSOAの話が出たときには、こんな風に言われていました。「でもあれって、流行語でしょ? いわゆるbuzzwordってやつ。もうそろそろ別の単語が出るかな?」なるほど、ごもっとも。でも最近はこんな風です。
2008/11/17

この記事を読む