Home > プロジェクトマネジメント 現場でのプラクティス > 目次

特集記事 特集記事アーカイブ

プロジェクトマネジメント 現場でのプラクティス

今回から、『プロジェクトマネジメント 現場でのプラクティス』と題しまして、私があるお客様のもとでプロジェクトマネジメント支援を担当した経験をもとに、そこから得られたシステム開発現場で共通で通用するプラクティスを紹介させていただきたいと思います。お客様のお名前も登場するなど、生々しいものとなりますが、お客様のビジネスをプロジェクトとして実現するために、お客様そして私も含めたプロジェクトメンバーが悪戦苦闘しながらもどのようにしてプロジェクトを完遂したのか、またそこから得られた知見とはなんだったのかを、皆様にお伝えしたいと思います。

最終回:ヒトを見つけること

最終回では、そのシステムを本当に使うヒトを見つけだすプラクティスについて紹介したいと思います。第2回の最後で、マネーパートナーズ社(以下、MPと省略致します) IT統括部門のIさんから「このシステムって、財務会計データが発生しますよね?説明する部門が足りないのではないでしょうか?」とご指摘をいただいて、「そんなことはないはずですが・・・」と、しどろもどろになったところで終わりました。今回は、その続きとなります。
2009/05/08

この記事を読む

第2回:おしゃべりする相手は、ヒトだけにあらず

今回は、プロジェクトをすすめるにあたってコミュニケーションする相手は、「ヒト」だけとは限らない、ということについてプラクティスを紹介いたします。
2009/01/13

この記事を読む

第1回:『朝会、はずかしいんですが』

今回から、『プロジェクトマネジメント 現場でのプラクティス』と題しまして、私があるお客様のもとでプロジェクトマネジメント支援を担当した経験をもとに、そこから得られたシステム開発現場で共通で通用するプラクティスを紹介させていただきたいと思います。
2008/11/17

この記事を読む